フリーランスになるということ

フリーランスとは、要するにフリー。



特定の企業などに属さず、自らの技能で独立した個人事業主もしくは個人企業法人の事です。


デザイナーやライター、またメディア関係であれば音響や照明、映像関係やディレクターなど、日本では割とクリエイティブな業界の人に使われる言葉です。
先述したように、個人事業主になるので、フリーを目指している人やそのご家族には不安要素があるかもしれません。



ではフリーランスになるには?フリーランスになった際のメリットは?それを記述していきます。

まず、フリーランスになるのに大切なことは『人脈』と考えます。コンペなどの応募などで賞をとったり名前を売ることも大事ではありますが、会社の所属ではないため、自分自身にある営業能力も問われます。

もしその業界に少しでも精通した事がある人が独立する際には、これまでの人間関係が大事になってきます。

これは今後の仕事量が左右されるためです。

最初は難しくとも、人間関係がある程度構築出来ていれば、下請けとして仕事が来ます。

そこである程度、人脈を広げる事が出来れば、将来の仕事の幅も増えるでしょう。


現在独立して成功している人にはその立ち回りが上手な人がほとんどです。

また、生きていく上で大事なの手取り年収が気になる所ですよね。これはメリットになりますが、端的に申しますと、自分の采配で節税対策に取り組めるのに対し、サラリーマンは自分でコントロールすることはできません。



そのため同じぐらい稼いでいても、実際に手元に残るお金はフリーランスの方が多い、ということもあるでしょう。

独立するという事は容易な事ではありませんが、自分の働き次第で、楽しい人生を歩める職業なのです。