フリーランスは就職にも有利

フリーランスの経験というのは就職にも有利となるので、一度独立をしてから再度サラリーマンに戻りたいというときにも決して経験が無駄になるということはありません。



少なからず一人の力で生活をしてきた実績があるというのは大きな財産であり、それをアピールすることができれば就職にも有利となります。



企業が人を採用するときには、その人が何をできるかということを重視するわけですが、企業勤めをしていた人というのは前の会社でどのような実績を残してきたのかというのはわかりづらいものです。



しかし、フリーランスの場合にははっきりとその分野において一定の実力があるということを示すことができますし、それ以外にもマネジメント能力や営業能力があるということを判断することができます。フリーランスはひとつのことだけをすることができればいいというわけではなく、総合的な能力がなければやっていくことができませんから、その点勤め人しかしたことがなかった人よりも有利となるのです。


もちろん、必ずしも有利となるわけではなく企業に属してこなかった人間が再度企業に属して上手く折り合いを付けることができるのかと思われてしまうということもありますが、そのように思われるのは限定的です。

フリーランスというのは良い面もあれば悪い面もありますから、悪い方に評価をする人もいないわけではありませんが、能力があるのであれば実績面を評価してくれるので就職にも有利となります。