フリーランスは積極的に仕事を探す

サラリーマンは黙っていても仕事が与えられますし、仕事がないときであっても給料が出ないということはありません。

フリーランスは誰かが常に仕事をくれるわけではありませんし、仕事がなければ収入もありません。

そのため、フリーランスとなったからには自ら積極的に仕事を探す必要があるのです。

特に最初のうちというのは仕事がなくて収入が安定しないことが多いため、安定した仕事を得ることができるまではとにかくほうぼうに声をかけて仕事をもらう必要があります。



この辺がフリーランスとして大変なところではあるのですが、そのような状況を乗り越えて信頼を勝ち取ることができれば安定して仕事を得ることができます。



一度軌道に乗ることができれば、自らの力で仕事を得ることができるわけですから会社の業績に左右されるサラリーマンよりも安定した生活をすることも可能となります。
サラリーマンの場合会社が倒産をしてしまえばそこから新しい仕事を見つけることは非常に大変なものですが、一度実績を作ったフリーランスはいくらでも仕事を取ってくることができるので、仕事の量の変動はあっても生活に困るということはなくなります。
芸は身を助けるというように一芸でお金を稼ぐスタイルであるため、自ら仕事を探さなければならない一方で秀でた何かを持っていればいくらでも稼ぐことができるためサラリーマンとは違った安定を手に入れることができます。



フリーランスは決して楽な生き方ではありませんが、一人の力で生きていくことを実感できやりがいのある生き方となります。